第2回 日本ブレインスポッティング研究大会 のお知らせ(第1号通信・演題募集)

最新情報

全国的にコロナ対策のワクチン接種がようやく進行しつつある今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。皆さまおよびご家族・ご関係者の方々のご健勝を心から祈念いたします。

さて、私どもブレインスポッティング・トレーニング・インスティチュート日本(BTI-J)では、昨年10月の第1回日本ブレインスポッティング研究大会に続き、第2回日本ブレインスポッティング研究大会を下記要領にて開催いたします。今年もオンライン開催となりますが、会期を2日間として、日本ソマティック心理学協会会長の久保隆司さんによる記念講演・大会シンポジュウム・スキルアップ研修など多彩な内容です。皆さまの研究発表の枠も増加しています。大勢の方のご発表・ご参加を心よりお待ちしています!

2021年7月1日  BTI-J代表 鈴木 孝信

 

1)日程: 2021年11月6日(土)―11月7日(日)

11月6日は一般公開の内容です:13時開始―17時30分終了

11月7日はトレーニング受講をした人のみ参加可能です:10時開始―16時終了

 

2)プログラム予定:

*11月6日 開会挨拶・ブレインスポッティング紹介ミニワークショップ(75分)・大会シンポジュウム「BSPとEMDR〜実践上の異同について」(仮題;80分)・記念講演:久保隆司「ソマティック心理学とブレインスポッティング 」(仮題;90分)

*11月7日 個人発表;グループ発表;自主シンポジュウム;鈴木孝信トレーナーによるスキルアップ特別研修「オンラインB S Pのコツ」(仮題)他

 

3)大会参加費:A) トレーニング受講経験者=4000円

B) 一般参加者=2000円(初日のみ参加可能)

*参加費と申し込みの詳細は第2号通信でお知らせいたします*

 

4)演題募集:事例発表と理論的研究を以下の要領で募集します。

発表形式:個人・グループ・自主シンポジューム(形式を明記して応募して下さい)

時間:30分・60分 (時間を明記して応募して下さい)

応募締め切り:2021年7月31日。氏名・所属・発表概要(600字程度とキーワード)を添えて応募してください。自主シンポジュームでは指定討論者などの設定もお願いします。応募内容は準備委員会にて審査させていただきます。

演題応募申し込み先:jbsp.con2021@gmail.com

以上。

 

==第2回日本ブレインスポッティング研究大会 準備委員長 太田茂行 (生活心理相談室ナヌーク)

準備委員 鈴木孝信(杏林大学)・深谷篤史(如月心理相談室)・渡辺めぐみ(常磐大学)==

 

コメント